歯のクリーニングとは違うのですか?

クリーニングは、歯の表面や歯周ポケット内に隠れている歯垢や歯石などを除去します。
また、歯に付いた煙草のヤニやコーヒーの着色なども落とす作用もあります。
歯のクリーニングは3ヶ月~半年間、定期的な治療を継続することで高い予防効果が得られます。
しかし、歯のクリーニングの目的は虫歯や歯周病の予防で、その目的は歯を綺麗にするだけではありません。
歯のクリーニングは歯の表面に付着した色素を落とし、色を元の色に戻すことを言います。
ヤニや茶渋で黄色い歯になっていることがあり、歯のクリーニングだけでも白く出来る場合があります。
もし歯のクリーニングをしていないのでしたら、まずはクリーニングをしてみては如何でしょうか。
ホワイトニングをするためにも歯のクリーニングをしておくことは重要です。
歯の表面に汚れや色素が付着していると、ホワイトニング剤の成分がこの汚れに吸収されて、効果が薄くなります。
歯を白くするためには、歯のクリーニングをすることです。
一方、ホワイトニングは、歯の表面の色素を落とすクリーニングとは異なり歯自体の色を白くするという違いがあります。

歯の黄ばみをきれいに取り去る歯磨き粉はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です